このサイトについて

大人 meets プログラミング,Pythonで人生をハックしよう。
10月13日(土),プログラミングとAIのリテラシーをサックリと学ぶ講座を開発します。 (主催:角川アスキー総合研究所)

人間が宇宙空間に晒されると破裂するのか?

人間が宇宙空間に晒されると破裂するのか?

SF小説や映画では多くの「宇宙空間(またはそれに類する真空に)防護なしで晒された人間」の描写を見つけることができます。目が傍聴して破裂したり,血液が沸騰して体が爆発したり,絶対零度に近い宇宙で瞬く間に体が凍ってしまったり...。

 

そのようなことが,実際に人間の体に起こるのでしょうか? 2001年宇宙の旅で,HALに宇宙船からロックアウトされ,宇宙空間を漂う乗組員の描写があります。著者のアーサー・C・クラークは,後に「人体はもっと強靱で,宇宙空間でもより超時間生存できるのではないか」と回顧しているそうです。

実際に人間が宇宙空間に晒されると何が起こるのか,ということについて,科学的な考証や実験結果などを交えてまとめた記事 Five Ways You Probably Wouldn’t Die In a Vacuum, and One Way You Probably Would(io9.com) が面白いので,ちょっと超訳してみます。

記事では,まずSF映画などで見かける描写や都市伝説のたぐいを否定することから始めています。

眼球が破裂する : ×

トータルリコールのアーノルド・シュワルツネガーのように,真空中で眼球がふくれたり破裂したりすることはない。水に10メートル潜ったくらいの影響があるだけ。気圧差で体が破裂することもない。なぜなら,体内には眼球や体を破裂させるのに十分な圧力がないから。

体が凍って死に至る : ×

宇宙空間に晒されて,運良く体が凍るくらい長く生き延びることができたとしても,体が凍ることはまずない。そもそも宇宙空間には空気分子や原子がほとんどないので,地上で寒い場所に居るときのように体温が奪われることはない。太陽の近くでエアロックからロックアウトされたのでもない限り,せいぜい起こるのは,体から逃げる熱の分だけ体温が下がることくらい。

血液が沸騰する : ×

液体を真空に置くと気化するが,それは液体が外部に晒されているから。体水分は皮膚や細胞壁に守られているので,沸騰することはない。目や口,鼻や下の方の穴から水分が失われたり,細胞壁をすり抜けて体水分が失われることはあるかもしれないけれど,沸騰することはない。

肺がずたずたに : :×

宇宙空間でも息を続けようとすれば起こりうるが,口を閉じていれば大丈夫。息苦しくなっても我慢すること。

窒息 : ×

人間が生きるためには呼吸をしなければならない。宇宙空間には空気がない。もちろん長く宇宙空間にとどまれば窒息してしまうけど,その前にもっと致命的なことが起こるので心配ない。

では何が起こるのか

真空中に動物を晒す,という実験をした結果,多くの動物が1分経たないうちに心不全を起こした。心臓が停止すると,毛細血管の圧力が低下し,真空によるダメージがより早く進む。対組織が壊れて体水分が真空に晒され,血液が沸騰し始める。ただし,多くのSF映画に急激な反応をみせるのではなく,人が住まなくなった家のように,朽ち果てるように反応が進んでゆく。もっとも,人間が宇宙空間に晒されると10秒から15秒ほどで気を失うので,自分の体が朽ちてゆくように死んでゆくのを見ずに済むはずだ。

こちらもどうぞ : 事故で真空中に晒された研究者の実験映像

2010-08-27 04:53