このブログについて
オリジナルタイル表札を自作した

オリジナルタイル表札を自作した

年末に世田谷区内に建てた,戸建ての表札をどうにかしなくちゃと思っていた。

かわいい娘が生まれたりしながら,特に都内で消耗したりもせず楽しくしていると半年過ぎてしまった。宅配や郵便がちゃんと届かないことがあったりして,表札がないことで実害も出たりしたので,時間もないしお金で解決,おしゃれなタイル表札でも買おうかと思ったら,サイズが大きく我が家の門柱には合わないことが判明。しょうがないので,自分で作ることにした。

実際作ってみると,思いの外簡単で,楽しく,思った通りの表札がしかも安くできあがった。タイル表札,買うと3万くらいするんだけど,材料や資材の購入費用は1万もかからず,無駄なモノの購入費用を入れても5000円くらいで作れてしまえた。

小さい正方形のタイルを並べて作るモザイクタイルという手法を使った表札を作りたかったので,まずはモザイクタイルの作り方を調べる。素材はネットで注文できるし,東急ハンズには専用のコーナーもあった。どんな素材を組み合わせるとどんな仕上がりになるか分からないので,無駄になっちゃうけど何種類か素材を購入。いろいろと試しながら作る。

信楽焼のモザイクタイルや,小さめのガラスモザイクタイルは,個体差がありすぎて仕上がりがいまいちになりそうだったので,結局15mmのガラスモザイクタイルと,35角(109mm)のタイルを組み合わせて作ることにした。土台となるタイルに,接着剤を使ってモザイクタイルを並べる。このとき,間隔や角度が同じになるように気をつける。

名前の部分は,シール状の文字をオーダーできるストアを見つけて,頼んでみたりもしたんだけど,それは使わず。少し懲りたかったので,渋谷の道玄坂上にあるFabCafeにアウトライン化したデータを持ち込み,でレーザーカッターをレンタルして,文字を掘ってもらった。掘った部分は,油性マジックで黒く塗って墨入れして出来上がり。

ちなみに,タイル作りで一番難しかったのは,文字を乗せるタイルを切る工程だった。タイルを切るには,ガラス切りと同じ手法で,切りたい線に沿ってタイルに傷をつけ,パキンと割るんだけど,傷の深さ,割るときの力の入れ方など,少しコツが必要。初めは慣れず,35角のタイルを一枚無駄にしてしまった。

モザイクタイルを敷き詰めた土台に,文字を掘ったタイルを接着する。このままだと,隙間があってカビが生えたりするので,タイル用目地剤というセメントみたいなもので隙間を埋める。この状態で一晩乾かし,門柱につければできあがり。

ここまでかかったお金は,実際に表札として使った素材だけの値段で言うと,だいたいのところ

  • 土台のタイル : 80円×2枚
  • モザイクタイル : 400円×3袋
  • タイル用目地剤 : 400円
  • タイル用ボンド : 600円
  • レーザーカッターのレンタル : 10分800円(プラスドリンク代)

実際は,使わなかったりテストの課程で割れちゃったりしたものもあって,これの2.5倍くらいかかっている。

家族にはなかなか好評で,自分で苦労して作ったものだし,サイズもデザインもそこそこ凝ったので満足度も高い。1月に壁面収納作った時も思ったけど,モノ作るって楽しいな〜。次は庭のウッドデッキを作りたい:-)。

2015-07-08 12:00 Read More
みんなのPython Webアプリ編をHTMLで読めるようにしました

みんなのPython Webアプリ編をHTMLで読めるようにしました

拙著「みんなのPython Webアプリ編」をWebでお読みいただけるようHTML化しました。スマホでも読めるよ:-)。

「みんなのPython Webアプリ編」は,Webアプリを開発するための方法を,Pythonを使い,基本的な事柄から積み重ね式に解説した書籍です。なお,HTML化にあわせて,本文を微妙に修正し,サンプルコードはPython 2.7で動くようにしてあります。

もともと,絶版になっていた書籍を,出版社にお願いして出版契約を解除してもらってPDFとして配布していたものを,つてがあってLindocで公開していました。Lindocがサービス止めるとのことで読めなくなってしまったので,HTMLで公開することにしました。絶版になった書籍でも,こういう形で生きながらえることが出来るのですね〜。

そういえば,PDF化当時は,手に入りづらいということもあって5,000円くらいのプレミアがついていたんだけど,今Amazonを見てみたら未だに6,000円超える価格で売ってる人がいるのね。

HTML化して手を入れやすくなったので,書籍の内容をPython 3対応に書き換えようと思っています。2014年度内くらい目標。作業はgithub上で行います。協力者を募集しています。アイデアや意見のある方(たとえば認証のハッシュがmd5じゃダメでしょ,とか)は,ぜひご協力ください。

以下,目次です。ご活用いただければ幸いです。

2014-10-24 12:30 Read More
2014 AdSense Partner Summit in 東京に行ってみた

2014 AdSense Partner Summit in 東京に行ってみた

2014年5月25日,六本木ヒルズのGoogleさんで開催されたAdSense Partner Summit in 東京というイベントに行って来ました。招待制のイベント,AdSenseの利用者の中から,定期的に一定の収益を上げているサイト運営者に声がかかったみたい。ラウンジのある27階の会議室で開催され,参加者は100名くらいでした。

当日は,Google社内のAdSenseチームの方のプレゼン,パネルディスカッションにくわえて,対面の最適化コンサルテーション,朝食とランチのサービスもあって,盛りだくさんかつ大満足のイベントでした。

2014-05-27 16:00 Read More
そこはかとなくPython 3.4にも対応しているみんなのPython第三版の電子書籍が発売されたよ〜!

そこはかとなくPython 3.4にも対応しているみんなのPython第三版の電子書籍が発売されたよ〜!

「みんなのおっぱい」とか「みんなのおっぱいそん」などと言われながら皆様に親しまれている拙著「みんなのPython」。このたび第三版の電子書籍ができました!

三回の改訂それぞれ増刷。事実が示す文字通りのPythonの定番入門書です。Amazonでは期間限定で,440円も安い15% OFF(2500円)のセール中です。スマホやタブレットで持ち運びたい,手元のPCでみんPyを読みたい,という方は,この機会にぜひご購入ください。

初版から7年以上にわたってみなさまにお読みいただいている「みんPy」。第三版の改定の目玉はPython 3への対応です。DjangoやNumPyなど主要なライブラリ,フレームワークがPython 3に対応し,またPython 2を凌駕するより良いPython バージョン3.3のリリースされるタイミングにあわせた改定でした。今後ますます存在感を増してゆくPython 3の情報を,必要十分かつコンパクトに分かりやすく伝える書籍とすべく,内容を大幅に見直しました。

改定から一年近く経ち,世の中では3.4がリリースされようとしていますが,What's Newに「No new syntax」とあるとおり,3.3から文法の変更はありません。第三版は「そこはかとなく」3.4に対応していますので,書籍の内容はそのままご活用いただけます。

強いて言えば,3.4対応をうたうならvenvを使った仮想開発環境の構築についての解説はあるべきかも知れません。venvは3.3から追加されていますから,これを使った仮想開発環境の構築については第三版でも扱っても良かったのですが,理由があって落としました。

3.3では,当初packagingというdistutils由来のパッケージ管理モジュールが搭載される予定でしたが,土壇場になり不採用になりました。このやりとりを見ていて,Pythonのパッケージ管理手法は,まだデファクトが存在しない状態なのだと思ったのです。パッケージ管理は,開発環境の構築と密接に関わっています。このような状態で解説を書いてしまうと,将来的に使えない情報を書籍に載せることになります。ネットの記事と違って書籍のライフスパンは長いので,そのような状態は避けたかったのです。結局,3.4にensurepipが搭載されたことにより,pipペースの仮想開発環境構築とパッケージ管理手法が導入されました。私の予感が正しかったことが,奇しくも証明されてしまったわけです。

文法の変更は行われない3.4ですが,強化されたvenvや,新しい非同期IOライブラリasyncioが搭載されたりして,Python 3を使いたい感,というか,Python 2に戻りたくない感はものすごく増してます。まだPython 2を使っている皆さんも,この機会にPython 3を学んでみると良いかも知れませんね。

と,いうわけで,拙著の電子書籍発売のお知らせついでに3.4について概観してみました。たまにしか書かなくなったブログで,思い出したようにこんなことができるのも,「みんPy」を読んでくれた沢山の方がいるおかげです。これからも,ご愛読くださいね:-)。

2013-12-06 14:50 Read More