このサイトについて

みんなのPython Webアプリ編 - 巡回用RSSの一覧ページを作る

みんなのPython Webアプリ編 - 巡回用RSSの一覧ページを作る

Python,プログラミングに興味のある方のためのFacebookグループ。Python関連グループとしてナンバーワン。

巡回用RSSの一覧ページを作る

次に、登録済みの巡回用RSSをリスト表示するプログラムを作ります。まずは、動的な出力を行うPythonのプログラムを作ります。「listurl.py」という名前で、cgi-binフォルダに保存します。

先ほど定義したRssurlという名のO/Rマッパークラスを使って、データベースから登録済みの巡回用RSSを取り出し、テンプレートエンジンに渡す、というのが主な処理です。

listurl.py

:::python
#!/usr/bin/env python
# coding: utf-8

from simpletemplate import SimpleTemplate
from rssurl import Rssurl
from os import path
from httphandler import Request, Response
import cgitb; cgitb.enable()

value_dic={'rsslist':[x for x in Rssurl.select(order_by='id')]}  # (1)

res=Response()
p=path.join(path.dirname(__file__), 'urllist.html')
t=SimpleTemplate(file_path=p)
body=t.render(value_dic)
res.set_body(body)
print res

テンプレートエンジンで登録済みのRSSを表示するため、rsslistというキーにリストを渡しています(1)。キーに対応する値には、O/Rマッパークラスのインスタンスオブジェクトをリストにして登録します。クラスのselect()メソッドでデータベースからすべてのデータを取り出し、結果をリスト内包表記でリストに変換しています。たった1行のコードでこれだけの処理を実現しています。

テンプレートエンジンに渡す辞書を作ったら、次はResponseオブジェクトを作ります。テンプレートのパスを指定してテンプレートエンジンのインスタンスを作り、文字列に変換して結果として出力しています。

テンプレートファイルの作成

次に、リストを表示するためのテンプレートファイルを作ります。UTF-8のエンコーディングで、cgi-binフォルダに設置します。

テンプレートエンジンが使えるようになり、Webアプリケーションの出力として使うHTMLの自由度が上がったので、デザインにも凝ってみることにします。CSSを使って、見栄えのする画面を作ってみることにしましょう。

urllist.html

:::html
<html>
  <head>
    <meta http-equiv="content-type"
          content="text/html;charset=utf-8" />
    <link rel="stylesheet"
          href="/style.css" type="text/css"/>
  </head>
  <body>
  <h1 class="header">簡易RSSリーダー</h1>
  <h2 class="title">RSSの追加,編集</h2>
  <div class="control">
    <a href="./addurl.py">新しいRSSを追加</a>
    <a href="./rssreader2.py">RSS一覧に戻る</a>
  </div>
  <ol>
  $for item in rsslist:           # (1)
    <li>
      ${item.title}
      <span class="control">
      <a href="./editurl.py?id=${item.id}">編集</a>
      </span>
    </li>
  $endfor
  </ol>
  </body>
</html>

このテンプレートでは、テンプレートエンジンを利用しているPythonのプログラムからrsslistというシーケンス(リスト)を受け取っています。シーケンスには、データベースからO/Rマッパーを使って得た巡回用RSSのオブジェクトがすべて入っています。受け取ったシーケンスを使い、テンプレートのループ構文$for〜:を使って繰り返し処理を行っています(1)。

ループの内部では、<a>タグを使って編集用のURLへのリンクを埋め込んでいます。編集用のプログラムは「editurl.py」という名前にする予定です。

リンクには、テンプレートエンジンの埋め込み記法を使い、巡回用RSSを特定するための情報(id)を埋め込んでいます。GETメソッドを使って、編集する巡回用RSSを特定するための情報を渡しているわけです。

またこのテンプレートでは見栄えをよくするためにCSSを適用していますが、ここでは内容を解説しません。本書のサポートサイトでダウンロード可能なサンプルファイルを参照してください。

先ほど、インタラクティブシェルを使ってテスト用のデータを1件登録してあります。P.44で作成したcgiserver.pyを実行してPython製のWebサーバを走らせ、Webブラウザでこのプログラム(cgi-bin/listurl.py)にアクセスをすると、テストとして登録したデータが表示されます。

図02 登録済みの巡回用RSSをリスト表示する画面

図02 登録済みの巡回用RSSをリスト表示する画面

みんなのブロックチェーン

ブロックチェーンの入門書を書きました。暗号やハッシュなどを含め,基礎からブロックチェーンの仕組みを学べる書籍です。いろんな方に「新しい技術を学ぶことの楽しさ」を感じ取ってくれたら著者として嬉しいです:-)。お金は技術的にどのように定義されるのか。

2014-09-03 15:00