このサイトについて

みんなのPython Webアプリ編 - O/Rマッパーの利用例

みんなのPython Webアプリ編 - O/Rマッパーの利用例

Python,プログラミングに興味のある方のためのFacebookグループ。Python関連グループとしてナンバーワン。

O/Rマッパーの利用例

では、実査にO/Rマッパーを使ってみましょう。インタラクティブシェルを使って、O/Rマッパー用クラスを使ったコードを簡単に書いてみます。

まず、BaseMapperクラスをインポートし、抽象クラスを継承したクラスを定義する必要があります。テーブルに定義するカラムは、クラスアトリビュートにタプルとして定義します。数値とテキストだけを持つシンプルなテーブルです。その後、クラスメソッドを使ってテーブルを作ります。

:::python
>>> from simplemapper import BaseMapper
>>> class TestORClass(BaseMapper):
... rows=(('num', 'int'), ('body', 'text')) ...
>>> TestORClass.createtable()

テーブルを作ったら、テーブルにデータを追加します。10回のループを組み、追加するデータを引数として与えます。range(10)というシーケンスを与えて0から9までの数値を繰り返し変数に代入しながらループを実行し、繰り返し変数に合わせて異なったデータをテーブルに追加しています。

:::python
>>> for i in range(10):
... ins=TestORClass(num=i, body='body'+str(i))
...

データを追加したあと、今度は追加したデータをデータベースから取り出して画面に表示しています。取り出した結果はクラスのインスタンスオブジェクトとして返ってきますが、BaseMapperクラスに定義された__repr__()メソッドによりインスタンスオブジェクトの内容がわかりやすく表示されるはずです。

アトリビュートを書き換えて、インスタンスのupdate()メソッドを呼び出すことで、変更内容をデータベースに更新しています。

:::python
>>> ins=TestORClass(id=1)
>>> ins
<TestORClass:num=0, body=u'body0'>
>>> ins.num=100
>>> ins.body=u'body100'
>>> ins.update()

最後に、追加したデータ、更新したデータを確認する意味で、データベースからデータを取り出してみましょう。numが5以上という条件を与えます。引数の最後に_gtという文字列を追加します。結果を表示して、正しいデータが取り出されているかどうか確認してみましょう。先ほどデータを更新しています。更新したデータも表示されるはずです。

:::python
>>> for ins in TestORClass.select(num_gt=5): ... print ins
...
<TestORClass:num=100, body=u'body100'>
<TestORClass:num=6, body=u'body6'>
<TestORClass:num=7, body=u'body7'>
<TestORClass:num=8, body=u'body8'>
<TestORClass:num=9, body=u'body9'>

今回作ったO/Rマッパーはたかだか140行ほどの短いプログラムです。これだけの短いコードでも、データベースの処理をPython的な方法で行い、プログラムからSQL文字列を追い出すことができるわけです。

O/Rマッパーを活用すると、よりシンプルで見通しがよいプログラムを作れます。そのぶん、より複雑なプログラムを、より手軽に作れるようになるわけです。

みんなのブロックチェーン

ブロックチェーンの入門書を書きました。暗号やハッシュなどを含め,基礎からブロックチェーンの仕組みを学べる書籍です。いろんな方に「新しい技術を学ぶことの楽しさ」を感じ取ってくれたら著者として嬉しいです:-)。お金は技術的にどのように定義されるのか。

2014-09-03 15:00