このサイトについて
Pythonを学ぶ最良の方法とは?
書籍を執筆しました - 「みんなのPython」

書籍を執筆しました - 「みんなのPython」

※2009年4月11日より,内容を大幅に改訂して最新のPythonに準拠した「みんなのPython改訂版」が発売されています。

 

「みんなのPython」という書籍を執筆しました。入門書です。オブジェクト指向スクリプト言語「Python」に特化したはじめての和書となります。

書籍の内容について気になる方はKeN's GNU/Linux Diaryさんの書評るびまの紹介記事などをご覧下さい。お買い上げいただいた方の感想文などが読めます:-)。また,mixiにコミュニティがあります。

前提となる知識が少なくても読み進められるよう,概念図や引き出し線を多用し,平易な記述を心がけました。Pythonだけでなく,JavaやC++,RubyやPerlなど他の言語を学習しようとして躓いてしまった方にもお勧めしたい内容となっております。

Pythonはとても気の利いた言語です。コードを書くために多くの記号を使わず,少ない文法上のルールを活用してオブジェクト指向言語としての機能をまとめ上げています。後半部分では,そんな「シンプルで奥深いPythonの秘密」についても簡単に触れています。

数値や文字列,リストや辞書のような「組み込み型」の使い方やスマートな応用はもちろん,Pythonの標準ライブラリの使い方についてもかなりのページを割き解説しています。実働するサンプルコードもたくさんつけました。

装丁は坂川事務所というところにお願いしました。坂川先生は,「ソフィーの世界」「キャッチャー・イン・ザ・ライ(村上春樹訳の「ライ麦畑で捕まえて」)」や「TSUGUMI」など名だたるベストセラーを手がけている著名な装丁家です。「Google」の文字が躍る帯の裏側,および本の中には,Guidoからもらったメッセージが添えられています。著者,編集者の方とともに,楽しみながら作り上げた書籍でもあります。

より多くの方が,Pythonの素晴らしさに触れる契機となればと思っています。

「インデントの世界にようこそ」

2010-08-27 04:40